title_reform

リフォームは今以上に住みやすくし、家族みんなの笑顔を見るためにおこなうもの。
とはいえ、家についての知識がないと、どんなリフォームをすればいいのかわかりませんよね?
そこでリフォームのコツやノウハウをガイドします。

 

guide_001
使い勝手のいいキッチンで幸せ!

キッチンをリフォームする際に気を付けたいことは、使い勝手、汚れにくさ、そして省エネ性です。最近のシステムキッチンは以前に比べ格段に性能が良くなっています。使い慣れたキッチンを新しくすることに不安を感じる方も多いかもしれませんが、一度体感していただくと、その違いに驚かれるはず。例えば使い勝手なら、使う人の視点にたって作られた収納。できるだけスムーズに、そして可能な限り多くの収納を実現しています。その他にも汚れにくさやエコの秘密がたくさん。ぜひ一度、展示場・ショールームで体感してください。

 

guide_002
浴室・洗面リフォームの目安時期は?

浴室と洗面所は隣り合っている場合が多く、お互いに絡み合う工事があります。そのため、各々でリフォームしてしまうと二度手間になってしまいます。リフォームする場合は一度に全部行ってしまいましょう。浴室には在来工法で作られたものとユニットバスがあります。ユニットバスのほうが水漏れなどが少ないので、最近ではユニットバスにするリフォームが主流です。在来工法の浴室のリフォーム時期の目安は築15年程。それを経過すると目地が取れたり、タイルのひび割れ、継ぎ目のゴム部分が切れたりすることがあるので、早めのメンテナンスが必要になります。

 

guide_003
トイレのリフォームで重要なのは!?

トイレのリフォームで重要なるのが、排水の位置です。壁から排水管の芯までの寸法を排水寸法というのですが、便器の形状や流れ方によって排水寸法が違います。つまり、既存の便器と違う排水位置の便器を選んでしまうと、床下にある排水管の移動工事が必要となり、リフォーム費用も割高になってしまうのです。こういった悩みを解消するために、リフォーム用の便器があり、排水位置が便器内で調節できるようになっています。こういった便器を選ぶことで、排水管工事が不要となります。

 

guide_004
太陽光発電はどれくらいおトクか?

注目を集めている次世代型エネルギー・太陽光発電。でも詳しい仕組みを知らない方も多いのでは!?太陽光パネルを屋根に取り付けて発電するのですが、家庭でその電気を使うわけではありません。家庭で使用する電気は従来通り、電力会社から購入します。そして太陽光発電で作られた電気を電力会社に売るという仕組み。買電と売電の差額によって、電気料金が安くなるのです。では、どれくらいおトクになるかという部分が気になりますが、平均すると1か月に5千円~1万円程度の節約になるようです。場合によっては売電の方が高くなり、収支がプラスになる場合もあります。設置時にかかった費用に関しては約10年で償却できるといわれています。

 

guide_008
外回りのリフォームチェックポイント!

家を長持ちさせるためにも、外壁など外回りのリフォームは重要になってきます。でも、最適なリフォーム時期が分からないのも確か。そこで、簡単にできる外回りリフォームのチェックポイントをご紹介いたします。外壁で注意するのは、まず汚れやひび。基礎部分も一緒にチェック。ひびや汚れがひどくなっていたら、修繕や塗装を考えましょう。また、タイルやサイディング、レンガに剥離がないかどうか、目地部分の隙間、窓サッシの境目などが良好かどうかもあわせてチェック。リフォームの目安は15~20年と言われています。

 

guide_009
愛犬や愛猫と幸せに、長く暮らすために

現在ではペットの数が14歳以下の子供の数を大きく上回っています。愛犬、愛猫と暮らしているオーナー様も多いのではないでしょうか?ペットと幸せに暮らすためのコツは、「キズ」「汚れ」「臭い」の対策に集約されるといっていいでしょう。その上で、ペットにとって快適な住まいづくりをしていく必要があります。床に関しては消臭クッションフロアにし、臭い対策をしながらペットの足腰にやさしい環境を。また無垢フロアに防汚効果のあるすべり止めワックスを塗るのも効果的です。また、階段や廊下などもペットの足腰に負担となる場合も。トータルで考えて賢いリフォームをしたいものですよね。

 

お問い合わせ:株式会社 桧家リフォーミング
フリーダイアル 0120-77-4146
URL:http://www.hinokiya-reforming.jp/